相談者 60代男性(会社員) / 福岡市在住
事故態様 歩行者対車
傷病名 右肩関節脱臼骨折・右外傷性腋窩動脈損傷・右腕神経叢損傷・右上腕骨頭壊死等

主な損賠項目と賠償金額

傷害慰謝料 260万円
後遺障害慰謝料 420万円
休業損害 400万円
逸失利益 495万円
将来治療費 119万円
最終支払額 1180万円(自賠責保険金含む)

事故発生からご依頼まで

弁護士桑原淳

福岡県福岡市在住の60代の男性会社員が、横断歩道のない道路を横断中、右折してきた車に衝突されるという交通事故に遭われました。

男性は救急搬送され、 右肩関節脱臼骨折・右外傷性腋窩動脈損傷・右腕神経叢損傷・右上腕骨頭壊死等と診断され、交通事故から1年以上の治療を余儀なくされました。

しかし、骨折部分の痛みと右手の親指から中指までの痺れが続いており、肩についても水平までしか上げることができない状況が続き、今後の後遺障害の申請や保険金との交渉等、交通事故に関する全般を弁護士に相談したいと当事務所にご連絡いただき、相談・ご依頼となりました。

弁護士の活動と関与した結果

ご依頼いただいた時点ですでに交通事故から1年以上が経過しており、怪我の状況が思わしくなかったことから後遺障害申請へと進みました。

後遺障害診断書等の必要書類を揃えて後遺障害申請した結果、右肩関節の可動域制限と右肩の痛みについて12級6号の認定右手のしびれや疼痛について12級13号の認定となり、併合11級の後遺障害認定を受けることができました。

認定後、保険金との交渉にうつりました。

被害者は今回の事故で血流を良くするための薬の服用を強いられる等、日常生活に多大な支障がでていました

その点を踏まえ、保険との交渉では将来の治療費や薬代の補償についても交渉を行い、一定額を認めてもらうことができました。

通常、症状固定後に必要となる治療費や薬代は慰謝料に含まれるとして保険会社から賠償を否定されることがほとんどですので、しっかり賠償金を獲得できたのは良かったです

また、傷害慰謝料・後遺障害慰謝料についても裁判基準での金額が認められ、最終的に1180万円の補償を受けることで示談解決となりました。

今回は弁護士費用特約はありませんでしたが、大幅な賠償金増額に成功し、弁護士費用をご負担いただいたものの、ご依頼いただかなかった場合よりもお手元に残すことのできる賠償金を増やすことができました。

交通事故の無料相談のご予約

電話でのご相談メールでのご相談


後遺症への補償と取り組み


たくみ法律事務所が選ばれる5つの理由